伊澤隆志 オカリナリサイタルを聴いて

20190916オカリナコンサート.jpg

 去る9月16日、喫茶白川にて伊澤隆志氏のオカリナリサイタルが

催された。

 愛と平和のフルート奏者を自称する氏は、またオカリナ、ケーナの

名手でもあり、あまた受賞の経歴をお持ちであるが、特に昨年度の

日本オカリナコンクールで第一位の成績を得られている。

 また氏はギネス記録のファンでもあり、過日行われたマトリョミン

(電子楽器)による大人数演奏会にも参加され、絵尾の時に演奏

されたベートーベン第九の歓喜の歌を、リサイタルの当初に

マトリョミンによって奏でられたのは一種のお遊びであった。

 リサイタルのメインは「喝采」、「君といつまでも」、「愛燦燦」...

などなど、我々の年齢の人々にとっては馴染みの深い日本の

歌謡10曲を、3オクターブ半以上の音域のある4連オカリナを駆使して

行われ、しっとりと力強い巧みな演奏は、編曲の妙とも相まって、聴衆を

心地よい夢の世界に導き、深い感銘を与えてくれた。

 また最後にシングルオカリナによって演奏された、日本オカリナ

コンクールの課題曲「アストウリアス」の速いパッサージ演奏の超絶

技巧は、さすがコンクール一位の実力を如実に示したものであった。

 文句なしに有意義な一時間を過ごさせてもらったものである。

(入居者T.A)

コメントする

総アクセス数

2019年10月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

月別 アーカイブ