今日から、明日へ

  『京から、明日へ。』をコンセプトに、京都の活性化、そして東日本大震災復興支援のため、3月11日『京都マラソン2012』が開催されました。

P1000601(賀茂川)20.JPG                                                      【賀茂川・高野川】

  京都色に囲まれた42.195キロ。ランナーの方々がどのような想いを抱き、一歩一歩を踏み出されていくのか...その様子を感じたいと思い、開催地へ向かいました。


P1000603(声援に応える)10.JPG

    【声援とそれに応えるランナー】

  天候は曇り。冷たい風と、ポツポツと雨の降り出した鴨川の河川敷  (約35キロ地点)  を、ランナーの方々は進んでいました。声援に両手を挙げて応える方や、顔をゆがめながらも真っ直ぐを見て走る方など、その走り方は十人十色です。

 

P1000604(紫リボン)50bb.JPG                                          【紫のリボンをつけたランナー】

                                      (※以下ゼッケンナンバー削除しております)

  紫のリボンは、東日本大震災で被災されたランナーの方々を表しています。着実に前進されていく姿は、復興を導く先駆者の様でした。

P1000617(伴走バック)b.JPG                                                  【ランナーと伴走者】

  伴走を間近で見るのは初めてでした。「信頼し合いながら、走る」...その感覚は、復興を支える中で私たちが忘れてはいけない感覚だと思いました。

P1000612b.JPG 【今、私にできること】

                                              【3.11忘れない】 P1000617bb.JPG

 

 

 

P1000617bbb.JPG 【一歩ずつ前へ】

P1000648.jpg                                             【絆】 

 

 

  

 

 

P1000669(信号曲がれば!)b.JPG  復興支援メッセージが印字されたゼッケンとワッペンを身につけ、ランナーの方々はひたすらに駆けてゆきます。背中のメッセージは、まるで鎮魂のための灯のように揺らぎ、ランナーひとりひとりが追悼を示しているようにも見えました。


P1000672(鳥居目前)bb.JPG                                                        【平安神宮前】

  フィニッシュ目前です!気付けば空の青さも顔を出し、平安神宮の鳥居がキレイに映えていました。

 

 

 

  P1000698(お出迎え)bb.JPG                                         【京都門川市長・どすえちゃん】

  京都市長とどすえちゃんによるお出迎えです。ご家族や恋人などと笑顔で向かい合う光景も咲いていました。

 

  『京都マラソン2012』に対する想いは、関わった方々の分だけ様々にあると思います。ただ、被災者の方々と天国におられる方々に寄り添おうとする心は、全体が共有されていたのではないかと感じました。私もその中の一部になれて良かったです。

  この想いを『今日(京)から、明日へ』つなげていきたいです。

                                                

                                                     (生活サービス課 小辰良太)

コメントする

総アクセス数

2017年7月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近のコメント