大阪と〈里〉の四季の最近のブログ記事

   昨日と今日の二日間、「寺方提灯踊り」がありました。里のお友達とゆっくり見学しました。観ているとだんだん踊りたくなってきました。
団体の皆さんは揃いの浴衣に身を包み、踊りも揃っていてとてもすてきでした。
「来年はゆうゆうの里でも"連"を作ってやりましょう!」と思わずスタッフに声をかけました。翌日、「来年やりましょうね」とスタッフに声をかけられ、「うん。来年はやるよ」と返答しました。
来年はゆうゆうの里の揃いの浴衣で皆で踊りましょう!

IMG_0317☆8.jpg

IMG_0439☆10.jpg

IMG_0475☆9.jpg

(入居者K・N)

 今年は七夕当日の7月7日に「七夕コンサート」が開催された。
来演されたアーチストは、交野市を本拠に関西一円で活動されている『木管五重奏団・カタノノカゼ』。木管(フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット)金管(ホルン)という珍しい取合せ。「サウンドオブミュージックからのドレミの歌」を皮切りに、聴きなれた「オペラ」から十曲ほどをメドレーで、中でも「モーツァルトのフィガロの結婚」からの二曲は私の特別好きな曲目であり、日本語の歌詞のCDも持っている。うろ覚えの歌詞で唄わせてもらった。演奏者、周囲の皆さんにはさぞかし変な濁声が入り迷惑だったろう、前半の最後は名曲「星に願いを」の演奏を楽しく聴かせてもらう。 木管五重奏団カタノノカゼ.jpg

  七夕コンサートを聴きながら.jpg後半は唱歌「たなばたさま」を始め、皆が知る昭和のヒット曲の中の名曲を数曲合唱(私もコーラスサークルで鍛えた自慢の美声?で大声で唄った)。最後のアンコール曲「故郷」を大合唱で唄い、大いに盛り上がりお開きになった。ホルン奏者は、この里の入居者のご息女で、以前にも名演を聴いており、今一度の来演を提案しようと考えていたので再会できて懐かしくもあり嬉しくもあった。

 夕食の献立は「七夕素麺」と「稲荷と巻寿司」等、特に素麺は星形の人参などいろいろな具で飾った五目素麺で見た目にも美しく、新しい製氷機(昨年更新したとか)の細かい氷をたくさん振りかけ、きんきんに冷やし「アイスクリーム頭痛」を発症しながらも美味しくいただいた。 七夕 夕食.jpg


楽器はハーモニカどころか口笛も吹けない ひろ爺

ブログを書き始めた2012年から毎年花の姿を撮影してブログを書く事を続けているのです。

1,993年にKさんに頂いた鉢は、子供を増やして現在4個の鉢を育てています。
小さな子供をもっと増やしたいと思いながら、作業をするのに足腰が痛んで実現できずに居ます。
最初のものは樹木のようになり、腰の曲った姿となりましたが、一番元気で立派な花を咲かせます。
次にできた子供も親に劣らぬ姿になり、親を凌ぐ花を咲かせます。
季節をどのように感じ取るのでしょうか、毎年6月に入ると蕾が出来るのです。
蕾が日々成長する様子を眺めながら、開花を待っていました。 IMG_3998_convert_20190630160354_201906301629514ae.jpg

今年は圧迫骨折で痛みに耐えていて、花の撮影が遅れて気が付いたら花が終わりかけていました。
漸く間に合った瀬戸際の写真です。

IMG_3995_convert_20190630160253_20190630162949b15.jpg夏空を一斉に彩る打上げ花火のように、楽しませてくれる仙人掌の花に拍手喝采を!!

オキナグサ

 スタッフの方から、ひまわりのタネを蒔いた、と聞いてテラスへ見に行ってみました。花壇をよ~く見てみると、小さい芽が出ているのがわかります。
これからどんどん大きくなって、夏には大きな花を咲かせてくれることでしょう。
楽しみです。

ひまわりの双葉.jpg

                                         (入居者U・N)

  写真が趣味の私には、今回の靭公園のバラ園を観賞しに行く里のツアーのことはずっと前から楽しみにしていました。最近では大きなカメラ機材も重くて、なかなか持って出ない時も増えましたが、今回は大好きなお花、特に華やかなバラの花を見れるという事で、頑張って大きなカメラ機材を持って出かけました。残念ですが最近の気温の上昇でお花はもうそろそろ終わりの状態でしたが、いろんな角度から撮ってみて、またピントを合わすところ、ぼかすところを工夫して楽しく撮影しました。花の他にも公園内には噴水があり川の様な流れがあり、そこへ雀が水浴びに来ていました。あまりにもかわいく思わずシャッターを切りました。都会の中にもこんな自然があり、その日も汗だくの暑い日でしたがとても楽しかったです。その後皆さんと美味しいお昼ご飯をご一緒して楽しく一日を終えました。あとはどんな写真が出来あがってくるか楽しみです。

IMG_9770☆左上10.jpg

IMG_9761☆右上10.jpg

IMG_9768☆左下10.jpg

IMG_9778☆右下10.jpg

(入居者K・S)

 

 以前に見てもらったピンク色の花「ピンキーフラッシュ」のその後です。
きれいな花がどんどん咲いて、まだまだ見頃が続いています。次々と蕾をつけているので、一体いつまで咲いてくれるのか、楽しみにしています。 まだまだ咲くピンキーフラッシュ.jpg

(入居者M・A)

 リウマチで関節の痛みに苦しみながら夜が明けた。
部屋を訪れ朝露に濡れた切り花を贈ってくれた人がいた。 IMG_3989_convert_20190529151658.jpg

優しいピンクの薔薇は満開で可愛い蕾が一つ付いていた。
暫く真夏日が続いていたのに元気な姿で咲いていて
甘い香りが部屋に漂い心が安らぐのでした。 IMG_3985_convert_20190529151334.jpg

水を注いだグラスに挿した"花そうび"は
広い庭から移されて戸惑いながらも
遠出のかなわぬ私を慰めてくれるのでした。

オキナグサ

 また、出かけた先で花を買ってきてしまいました。

うちの家内は花が好きなので、家内が喜ぶと思うと、つい買ってしまうんです。 ベランダの鉢花.jpg真ん中に映っている日日草、かわいらしいでしょう。
これ、いくらで買ったと思います? 100円ですよ!?
(消費税入れたら108円ですけどね)。
お買い得やと思いませんか。蕾もたくさん付いていて楽しみです。
こうしてみるとピンクの花ばっかりですね。

(入居者M・A)

 クジャクサボテンが咲きました!

クジャクサボテン.jpg今年は蕾がたくさんついたので、皆さんにも楽しんで頂こうと思って職員さんに食堂へ運んでもらいました。
花は開いてから2日程は楽しめますし、これからが見頃です。
食堂に来られた時には見て行ってくださいね。

(入居者H・F)

  バラの季節です。水の都大阪・堂島川と土佐堀川に挟まれた「中之島バラ園」に今年は8年目の訪問となりました。 IMG_3983_convert_20190518173306.jpg

短い季節を咲き誇る約310品種・約3700株のバラを愛でる人々が今年も沢山訪れていました。 IMG_3959_convert_20190518173531.jpg

薄曇りのお天気は、川風が心地よくバラの香りを運んできます。花に近付き深呼吸をして香りを楽しみました。花々は風に揺れていました。 IMG_3960_convert_20190518173625.jpg

京阪電車の沿線で、なにわ橋で下車すると歩いてすぐです。近くにあるのが何よりの贈り物だと感謝しきりです。 IMG_3970_convert_20190518174006.jpg

多くの人々にまじって園内を撮影しながら歩いていると、時間のたつのを忘れてしまいます。 IMG_3956_convert_20190518173817.jpg

IMG_3981_convert_20190518174152.jpg今年もバラの手入れをされている人たちが働いていました。お陰さまで美しい花を観賞することが出来ます。 IMG_3979_convert_20190518174102.jpg

IMG_3953_convert_20190518173910.jpg IMG_3947_convert_20190518173718.jpg日々に弱ってゆく身体はリウマチの為歩くことが困難になって参りましたが、花に逢いたくて今年も足を運びました。 IMG_3946_convert_20190518173425.jpg

美しい花々は心を豊かにしてくれるのです。今年も美しいバラの花に逢うことができて幸せでした。

(オキナグサ)

総アクセス数

2019年7月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

月別 アーカイブ