私の自信作見て下さいの最近のブログ記事

 ベランダで育ててきた菊がたくさん蕾を付けました。
皆さんに見て頂こうと職員さんに相談して、食堂横のテラスに置くことになりました。黄色い花がたくさん咲くので、見てくださいね。

菊を運ぶ.jpg

菊を植える.jpg(入居者S・Y)

  11月3日、文化の日は親父の命日です。親父は白寿で永眠しました。
親父は徳島の出身で昭和初期に大阪に出て三井物産の子会社で繊維機械の商社に就職、その後独立して社員5人の繊維機械商社を立ち上げて現在の関空に近い大阪の泉南に多くあった毛布やタオルのメーカの中小企業と取引をしていました。家電ブームの時代にはお得意先の従業員女子寮に必須となり始めたテレビ等の家電商品も取り扱い品目に加えナショナル商品の二次店もしていました。
親父の晩年は自宅で療養を続けていましたので家ではワイフが介護をしていました。私は未だ現役の時代でしたので昼間は会社で仕事、時には海外出張もしていましたので親父が自宅から電話で会社に指示を与えて居た内容は全く知りませんでした。
  さて、以下はワイフが語ってくれた私の知らない思い出話です。
  或る日、親父が病床ベッドから支払い手形の期日について"A社、B社、は3か月、C社は経営が苦しいらしいから現金支払い"というように細かく指示をしていたそうです。ワイフは具体的内容について全く分からなかったそうですが病床から具体的に細かく指示していた記憶力と相手によって温情的な支払いサイトを決めている商魂に感動したそうです。
  命日に当たり供養に日記を書きました。良い機会なのでこの内容を私の兄弟や孫たちにもメールで送ったのですが当然のことながら孫たちには支払い手形など商談の事は理解できなかったとのこと、幸い里の読者の皆さんならご理解を頂けると考えて投稿させて頂きました。ご高覧願えれば幸いです。
私は執筆が趣味で中学生時代からガリ版刷りの学校新聞に投稿していました。里で開催中の百人展に自費出版図書を出品しました。 自費出版図書.jpg

  来年は8回目の干支に当たりますので学校や職場の同窓会誌編集者から新年の抱負を求められ「83歳の挑戦」を書きました。

(入居者S・T)

「芸術の秋」恒例の百人展が開催された。

健康長寿.jpg一番最初に目に入ったのがこの大作、今年卒寿を迎えたI氏の書、誰もがそうありたいと願っている事でもあり冒頭に飾らせて貰った。

M氏は今までとは少し趣の違った色彩鮮やかな花を中心とした絵画、どれもが傑作だ。

M氏の絵画.jpg

「俳句、書、絵」と三位一体でないと出来ない「俳画」。

T氏、H氏の俳画.jpg

私にはどれ一つの才能もなく悲しいが、百歳の方の書は今回も素晴らしい。 百歳の方の作品.jpg

最近入居された方も出展。

T氏の洋服.jpg S氏、N氏の絵画.jpg七宝焼、刺繍、陶芸など手芸品にも傑作が多かった。
写真は「トランプ米大統領」が相撲観戦した際の貴重な写真をはじめ傑作が多かったが、出展の数が少なかった。

                                                                  出展したいが才能のない ひろ爺

   やっと出来上がりました! 5月に参加した日帰りツアーで信楽で陶芸体験をした作品が焼き上がりました。自分の作品とご対面とともに皆さんの作品も拝見しました。「意外とちっちゃくなったね」「緑の色がいいわ」また、「○○さんのはかわいいわ」「お茶碗と思って作ったけど、意外に重いのでかわいいお花を飾る花器にしましょう」などわいわいといろんなお話がでました。スタッフからは「作品を是非皆
さん一緒に"百人展"に出して下さいね」と言われました。ちょっと恥ずかしいけどどうしようかしら?

IMG_0960閲覧70.jpg

 

IMG_0966作品70.jpg

(入居者K・I)

 以前に見てもらったピンク色の花「ピンキーフラッシュ」のその後です。
きれいな花がどんどん咲いて、まだまだ見頃が続いています。次々と蕾をつけているので、一体いつまで咲いてくれるのか、楽しみにしています。 まだまだ咲くピンキーフラッシュ.jpg

(入居者M・A)

 元号が新しくなって一か月が経ちましたね。
思い立って「令和」と金泥で書きました。こういうのは一発勝負ですよ。
金泥の「令和」.jpg 「令和」の額のある風景.jpgせっかくなので皆さんの目に触れるところに、と職員さんに飾ってもらいました。

(入居者E・F)

 四つ葉のクローバーを集めてみました。
毎日、淀川の河川敷を歩くのを日課にしているんですが、かわいいクローバーが辺り一面にあって、私、見ていると四つ葉をすぐ見つけられるんです。

四つ葉のクローバー.jpg中に一つだけ、五つ葉のクローバーもあるのがわかりますか?
色んな人に見てもらいたくて、7階のエレベーターホールに置いてみました。

良ければ見に来て下さいね。

(入居者N・U)

 今日はジュエリーバッグの体験教室に参加です。
初めて見るものでしたが、作り方を丁寧に教えて頂きながら頑張りました。
それぞれの色合いに作った人の個性が表れていて、面白いでしょう?

ジュエリーバッグ.jpg

次回はいつになるかしら。楽しみです。
                                       (入居者S・H)

今回『奇跡の手紙~旅順からの手紙・日露戦争実録』と題した本を出版しました。

奇跡の手紙.jpg

自宅の整理をしていた際、親父の書斎机の奥から偶然、軍事郵便と勲章が見つかったのが発端です。
祖父は日露戦争に従軍して二十七歳の若さで戦死、その時に金鵄勲章を贈られたという話は親父から聞いていましたが、その時初めて確認しました。
さて、本書のタイトル『奇跡の手紙』にはどのような「奇跡」があったのか?
第一の奇跡は旅順日露戦争、第二の奇跡が第二次大戦の空襲を免れたこと、そして転居時の荷物処分を免れたことが第三の奇跡となって発見されたことです。
昨年は異常気象が続いた年でしたが、猛暑の中、毎週京都に通って専門家の助言を得ながら解読を進めました。

ここで本著で採用した革新的編集の特長紹介をさせて頂きます。
特長その1 四コマ(本文、翻刻文、口語体、解説)編集です。
 過去に読者ニーズに従って両開きの本『七夕伝説』を発行しご好評を頂きました。
 今回の四コマ編集は資料解読のニーズに従って四コマ編集としました。
特長その2 貴重な写真集を表2、表3に収録しています。
「日露戦争 浜寺公園 小泉純一郎」で検索すると驚きの事実がありました。
堺市、泉大津市、松山市に点在する「ロシア兵墓地」を訪問しその映像を本の一等地
とも云うべき表2、表3に収録しました。
特長その3 歴史に学ぶという賢者の選択の試行錯誤に挑戦しました。
日露関係が話題になっていますが日露戦争の意義を考える好機と思います。
例えば、アジアに於ける帝政ロシアの南下政策を阻止したのが日本軍による旅順陥落です。
失敗したら朝鮮半島は確実にロシアの支配下になります。
ロシア革命も共産主義も生まれなかったと推定されます。
特長その4 本書の原点は陸軍少尉芝仁三郎が和紙に墨書した祖父の戦死公報にあることを
明示する為に表4を活用しました。
特長その5 本書のミッションが「日露戦争博物館」にあることを明示する為に表1のデザインを
博物館をイメージしたデザインにしました。
以上は本書が革新的編集を採用した理由ですが、これらを実現するのは容易なことではありませんでした。

著者近影.jpg

皆様にも一度手に取ってご覧いただければ幸いです。

(入居者S・T)

今までも育てていましたが、今年が一番咲きました。
水のやり方が自分のものになったのでこんなに咲いたのかなあと思っています。
あまりにたくさんつぼみがついたので嬉しくて12階にも持って行きました。
皆さんにぜひ見ていただきたい私の嬉しい出来事でした。

1207花2.jpg

20181207花1.jpg

                                                                                           (入居者K・K)

総アクセス数

2020年1月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

月別 アーカイブ