大勢が参加し楽しんだ「お鏡開き」

11日の「鏡開き」をもってクリスマスから始まり、三が日の御馳走、新年祝賀式等、年末年始の里の習慣、行事はすべてお開きとなる。
恒例により里の各所に供えられた「鏡餅」を小分けし「善哉」にして振る舞われ、大勢が食堂に集まり皆で舌鼓を打った。
甘味も程よく抑えられ健康的で食べやすい味だ。
壁に昨年行われ数々の行事の写真をプロジェクターで大写しされたのを観ながら楽しかった思い出話に花が咲いた。

後姿.jpg
これで13日の「歌会始」を観て私の予定も終わる。そして15日には松が開ける。
因みに善哉は関東の「田舎汁粉」であり、毎年、講道館の「鏡開き」を汁粉で祝ったとニュースが流れるがこちらで言う善哉が振る舞われている。
関東の「御前汁粉」のことを関西では汁粉と言うとか、関東で松が開けるのは7日だったように思う。

半量汁粉.jpg
                                                                                 (知ったかぶりと理屈っぽいひろ爺)

コメントする

総アクセス数

2017年7月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近のコメント