羨ましい、玄人はだしの里の芸術家の皆さん

『芸術の秋』里の芸術家の腕のみせどころ「百人展」が始まった。絵画、書、写真、工作と自慢の傑作が並ぶ。どの作品も素晴らしく、全部は紹介できないので独断でほんの一部を選んで見た。
「黒柳徹子」「マツコ・デラックス」を描いた絵画ユーモラスで面白い、よく特徴を捉え見事な作だ。

マツコ・テツコ.JPG折り紙の会が毎年楽しませてくれる合作。今年は「ピエロ」、個々の方の色、姿が違った物が集合楽しい作品だ。良い指導者に恵まれ幸せだな~。

おりがみの会ピエロ.JPG「ツーピース」と服地で作った「和服」さすが服飾で教鞭をとっておられた方の作だけあると感じる。

折り紙と洋服.JPG写真はどれもこれも傑作揃い、見事な作品ばかり、私も「枯れ木も山の賑わい」にと今年も出すつもりだったが出ないで本当に良かった。

写真展示2017.JPG出品をされていない方の中に「爪を隠している鷹」が大勢居られのを知っているが、次回は是非出品されることを熱望している。
最後に見事な俳画を出品されている方の作から「朝顔をめでて翁と立ち話」。私のことかな?

朝顔の・・・・.JPG

                                                                     何も特技が無く悔しいひろ爺

コメントする

総アクセス数

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント