ゆうゆう祭り「コーラス」と「職員実践研究発表会」

 最近大勢の方がブログに入れるようになり喜ばしい。ゆうゆう祭りの楽しさ賑やかさはどなたかが披露してくれましょう。自分の美声?を披露した「コーラス」と地味だが大事な「職員実践研究発表会」のことを書く。

 今年のコーラスは星に因んだ曲で構成した「きらきら星」メロディーは「モーツァルト」ピアノ変奏曲、歌詞は日本の易しい童謡、変奏曲だけに曲の変化は伴奏の先生にはたやすい、編曲された伴奏に気持ちよく唄った「ほしとたんぽぽ」は夭折した「金子みすゞ」の美しい詩に「中田喜直」が曲を付けたもので詩をかみしめながら唄う。「この星に生まれて」私にとってはじめての曲だ、練習初日に明るくてよい歌だと気に入り楽しく唄った。その他どの曲もよい歌で、麗人、佳人の中の腹黒一点として手前味噌だがうまく唄えたと自負している。

コーラスサークル.jpg 「職員実践研究発表会」ゆうゆう祭りの中で他のイベントはその日限りで終わってしまうが、これは今後の里の運営や対応に関わる事なので地味ではあるがとても意義のあるイベントだ、聴衆も多かったのは喜ばしい。
①総務業務の効率化 業務の「見える化」により仕事を個々で持ち合わせず開示して出来る人がやる事により残業時間を減らす。
②香りの嗜好調査 以前は医院イコール消毒薬臭だったが最近は全く無くなった、ここの診療所でユーカリ、ローズマリー、オレンジ、ラベンダーの香りの嗜好調査をした、私も投票したが居心地のよい事に心掛けている。
③読んでみようかなぁ 図書コーナーの設置と環境改善の取り組み伊豆高原の「菅野氏」著作や財団のPR用DVDなどを利用、特に「菅野氏」の著作はここの生活ぶりがよく書かれている。
④食事紹介のモニター設置とその効果 私もよく見るがよい物を付けてくれたと思う。

又出しゃばりましたお邪魔虫の ひろ爺

コメントする

総アクセス数

2018年10月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最近のコメント