アジサイ

アジサイは、随所に目にする珍しくはない植物ですが、やはりこの季節を代表する独特の存在感に満ち溢れ、古くから和歌、俳句の題材、日本画や切手の素材、さらには市や町の花として、日本人が昔から広く親しんできた花木です。そこで、今を盛りのアジサイの花を求め「佐倉ゆうゆうの里」の内外小範囲を歩き、出会ったアジサイの花を記録しました。

 

Ⅰ)先ず食堂前中庭では、青、紫、白、ピンクのアジサイが揃っています。説明板にある如く,花弁と見えるのは、正確には装飾花(萼片)ですが、植物学上は何であれ、鑑賞上は見事な花弁です。 

2019062301.jpg

2019062302.jpg

)隣接する堀田邸

堀田邸の正門を入った左手に二叢のアジサイがあります。少し色合いが異なりますが、両者共に、密集した小粒の花の周りを大きな装飾花が囲んでいる「ガク(額)アジサイ」という種類です。アジサイの花の色の違いは土壌の性質の違いに因ると云われています。

2019062303.jpg
2019062304.jpg

3)浅間(せんげん)神社

堀田邸の西端から数十メートル先には、鎮守の社「浅間神社」がありますが、その境内をとり囲む生垣の中に何本ものアジサイが咲き揃っていました。

2019062307.jpg

4)この場所は、ゆうゆうの里の東側にある日蓮宗「要行寺」の前面道路です。道路沿いに整然と並ぶアジサイの鮮やかな植え込みが、里の住民始め歩行者の目を引き寄せています。

2019062308.png
(コミュニティ特派員:U

コメントする

総アクセス数

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近のコメント


月別 アーカイブ